底地

底地のみだと価格が低い

低地は借地権付き土地の所有権ですが、土地を貸し出すこと。借りた方が土地の上に建物を建てて所有して土地所有者に土地代を払います。このメリットは運営の手間が全くかからないこと。低地は楽なものですが、利回りが悪くなり、安く買うことが可能なら利回り向上します。どうしても自己使用したければ借主との話し合いにより解決する以外に方法なく、当然立ち退き料を要求されますから、かなりの出費を覚悟することに。
将来的に土地を自己使用したければコインパーキング運営してる会社に土地を貸すといった方法が手間がかかりません。これを自分で運営もできますが、大掛かりな設備が必要となり、業務も煩雑ですからすすめられません。底地は不動産投資で面白みにかけたりしますが、安定感があります。よく相談であることに借地権者に底地を買い取ってもらいたい・借地権者が地代滞納するなどです。借地人が持てる権利の借地権にたいし地主が所有するのが底地権。
借地割合は地域ごと国税庁が定めていて路線価図で公表されてます。借地権と底地検どちらか一方では金融機関の融資を受けるための担保で弱いとされてしまうこともあり、借地人は地主から底地検購入し所有権をもつことも可能で、底地のみうることもできます。ですが、土地の利用価値が話高い地域ほど借地権割合高く、底地割合を低く設定されてしまって、これのみだと売却しても価格が低くなります。

トピックス

新着情報

TOP